豊胸手術のダウンタイムや経年劣化について

豊胸手術のダウンタイムや経年劣化について

シリコンバッグ豊胸のダウンタイムについて

美容外科の世界では、ダウンタイムという専門用語が存在します。

 

ダウンタイムとは、施術を受けてから回復するまでの期間の事を言います。
それぞれの豊胸施術方法や体質などによっても、ダウンタイムには違いがあります。
豊胸施術のダウンタイム中には、痛みやはれ、内出血、抜糸などが必要となります。
どの施術方法でも、一般的に手術後その日に自宅に帰れます。

 

お仕事や学校に影響を与えないように、
施術前にダウンタイムの過ごし方や決まりについても調べておきましょう。

 

豊胸施術には、シリコンバッグ豊胸や脂肪注入豊胸、
ヒアルロン酸注入豊胸が一般的です。
シリコンバッグ豊胸の、ダウンタイムを紹介していきます。

 

シリコンバッグ豊胸は、全身麻酔とメスを使う施術ですので最もダウンタイムが長いです。
1週間程度ダウンタイムが必要な方もおられます。
施術時間は、1時間程度です。

 

施術後は、外科医院によっても違いますが、ガーゼ交換の為に3日間は毎日通院します。
また、抜糸と経過観察の為に1週間後に通院が必要です。

 

ダウンタイム中は、強い痛みが1カ月ほどあり、
1、2週間切開した部分や豊胸バッグを入れた部分がはれます。
さらに、2、3週間切開部分やバスト部分が内出血をおこし紫色になります。

 

施術後1週間程度で、抜糸が必要な美容外科が多いです。

 

シャワー は下半身のみ施術後2日経過してから可能となりますが、
傷口をぬらさないように注意しましょう。

 

湯船への入浴は、1週間経過してからになります。
運動に関しては、軽めの運動は2週間程度、
激しい運動は1ヵ月間程度控える必要があります。

 

また、バストバンドと呼ばれる固定バンドを1週間使用します。
約1カ月程度は、ワイヤーの無いブラジャーを使用する必要があります。

 

神戸で豊胸治療が人気なのはこちらの美容外科です。

脂肪注入豊胸のダウンタイムについて

美容外科の世界でよく使用されるダウンタイムという専門用語は、
患者さんが施術を受けてから回復されるまでの期間の事を言います。

 

それぞれの豊胸施術方法や体質などによっても、ダウンタイムには違いがあります。

 

豊胸施術のダウンタイムでは、痛みやはれ、内出血などがあらわれます。
どの施術方法でも、一般的に手術後その日に自宅に帰れます。

 

お仕事や学校に影響を与えないように、
施術前にダウンタイムの過ごし方や決まりについて知っておく必要があります。

 

豊胸施術には、シリコンバッグ豊胸や脂肪注入豊胸、ヒアルロン酸注入豊胸が一般的です。
脂肪注入豊胸の、ダウンタイムを紹介していきます。

 

施術は、脂肪吸引部と脂肪注入を一緒におこない40分程度で終了します。
その為、ヒアルロン酸注入豊胸よりもダウンタイムは長いです。
しかし、メスで切開するシリコンバッグ豊胸よりはダウンタイムは短くなります。

 

ダウンタイム中は、1週間程度比較的軽度の痛みがあり、
1、2週間程度の期間脂肪吸引部分と脂肪注入部分がはれます。

 

さらに、脂肪吸引部分と脂肪注入部分に内出血が2、3週間程度おこります。
傷跡の赤みはなどは、3カ月から半年かけて次第に消えていきます。

 

シャワー は施術翌日から可能となりますが、温まらないように注意しましょう。
湯船への入浴は、3日経過してからになります。

 

運動に関しては、激しい運動は3週間程度控える必要があります。
また、バストのマッサージなどは3週間程度控える必要があります。
施術当日は、禁煙する必要があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ